「空賊団」水彩メイキング Watercolor Painting

TAKI
どうもこんにちは、「おえかきファンタジア」オーナーのTAKIです。

今回の水彩メイキングは連作「ヘンテコワールドトラベル」から「空賊団」です。

この絵は夕刻の空を大きな飛空艇が飛んて行く、と言う僕の憧れの光景を絵にしたいと思い、描き始めました。
空に飛空艇とかが飛んでたらテンション上がりますよね!!!
いかにもファンタジーなシチュエーションです。

では、早速メイキングを紹介していきます。

 

Photoshopでカラーカンプを作り、仕上がりイメージを明確にする

今回は完成時のカラーリングをイメージしやすくするために、線画が描けた段階でPhotoshopに取り込み、デジタルでざっくり色を塗ってみました。

このカラーカンプを作っておくと、水彩で色を塗る時に迷わずにぬれるし、配色も検討することができます。

 

まずは線画、いつも通り下絵を描いてトレースし、白を残したいところにマスキングを施しました。

今回は前回の「今を駆ける」で雲をうまく描けなかったと感じたので、リベンジも兼ねて、背景に大きな雲を配置しました。
空の高さや壮大な感じを出したなと思い、少し煽り構図で、主人公達が空を飛ぶ飛空艇を仰ぎ見るイメージです。

 

色は空から塗っていきます。
夕暮れのイメージなので、上の方は青空を残しつつ、徐々にオレンジにグラデーションするように塗りました。

 

次に地面の草原を塗っていきます。
夕焼けの光が当たっていることを想定して、黄色が強く出るように塗っていきます。

 

次はキャラクターを塗ります。
こちらも黄色味がかった色合いになるように、黄色を下塗りしてから、それぞれものチーフの固有色をのせていきます。

 

雲の柔らかさを水彩の滲みで表現

次に一番遠くの雲の影を描いていきます。
影はハイライト部分の白から黄色、オレンジ、薄紫になるように慎重に色を重ねます。
ハイライトの白を残しつつ、光が当たって輝いて見えるように注意しました。

うまく滲みなどを使って水彩ならではの表情が出るように塗ります。(難しい!)

 

乾いたら、手前の雲も塗っていきます。
重なり合っているところはトーンに変化をつけて、前後関係を明確に。
雲の輪郭部分はシャーブに描き、影の部分は滲みを使ってメリハリを出します。

 

雲が大体塗れたところで、空の色をもう少し濃く、鮮やかにしたいと思ったので、色を重ねました。

 

背景が大体仕上がったら残りのキャラクターも塗っていきます。

 

次に草原の草花を描いていきます。
手前にあるものは暗いトーンにして遠近感が出るように塗ります。

 

細かい草や、影を入れて、密度を上げていきます。
淡い色の葉っぱや、濃い色の葉っぱなど、トーンに変化をつけると立体化や奥行きが出ます。

水彩でこう言った入り組んだ草むらを描くのは難しいですね…。
マスキングを巧みに使えばもっと表情豊かに表現できそうです。
(次回の課題にしよう…。)

 

次はマスキングを剥がして、草の穂を塗っていきます。

 

草の穂が塗れたら花々を塗っていきます。
夕日が当たっている感じを出すために、下塗りで黄色を塗ってからピンクをのせてみました。

 

草原が塗れたら、風に舞う草などを塗ります。

 

続いて、飛空艇を塗っていきます。
こちらも夕日が当たっているのをイメージして黄色を下塗りしてから個々の色を重ねて塗っていきます。

 

影の色は少し青みがかった色にしてみました。
細かい部分なので焦らず丁寧に。

 

他の飛空艇も塗っていきます。
遠くにある飛空艇は、淡く塗り、ディテールも省いて遠近感が出るように意識して塗っていきます。

色味に統一感を出すのが難しい!

 

完成!

これで完成です!

今回は雲の表情は良く描けたと思いますが、空のグラデーションの色がちょっとイメージ通りにいかなかった感じです。
デジタルでカラーカンプを作ったのは良かったのですが、実際に水彩で塗るとなると、テジタルとアナログでは同じようにはいかないですね。

ともあれカラーカンプがあることで、色で迷ったりする時間は減ったかと思います。
あとはもっと水彩を使いこなせれば、イメージ通りの混色や配色ができるようになってくるのかな、という手応えもありました!

しかし、やはりアナログは難しい…特に水彩はとりわけ難しいですね。

この絵を描いてよく思ったことは・・・

レイヤーが欲しい。(泣)

 

以上、「空賊団」の水彩メイキングでした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

TAKI
この記事いいね!と思ったら下の各SNSボタンからシェアお願いします。
いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です